MENU

運命数ってなに?数秘術にふれて自分の運命数を出してみよう

2021 6/16
運命数ってなに?数秘術にふれて自分の運命数を出してみよう

数秘術の簡単な計算方法

数秘術は、その人が持つ運命数を
知り、意味を読み解いていく占いです。
人生をより良い方向に導いていける数秘術、
今回はその計算方法をご紹介します。

計算方法というと難しそうですが、
数秘術の計算方法は素人でも簡単で、
1分あれば計算できます。
念のため紙とペンを準備して、間違えないように
計算してみてください。

数秘術の計算の結果、出てくるのが
「運命数」です。
詳しくいうと運命数には
「誕生数」「覚醒数」があるのですが、
一般的には「誕生数」が重視されています

その人が生まれ持った特徴や性格を
表すのが「誕生数」で、反対に「覚醒数」は、
後天的な特徴を表しています。

 

 

 

Sponsored Link



目次

足し算をして、運命数を出してみよう

数秘術を計算するには、
生年月日を使います。
年、月、日の数字を分かりやすいように
紙に書き出してください。

その数字をバラバラにして、
足し算していきます。
計算結果が二桁のままなので、
その二桁の数字を分解して足し算します。
計算結果が一桁になりましたか?

そうすれば、これがあなたの「運命数」です。
計算の途中で、
「11」、「22」、「33」
などのゾロ目が出てきましたか?
その場合は、一桁にはなっていなくても
計算をストップします。

ゾロ目は、
マスターナンバー」と呼ばれ、
まれな才能がある人に多いのが
特徴です。
「ゾロ目の数字」
「それを足した数字」の特徴を
同時に持っています。

 

 

 

Sponsored Link



 

数秘術計算法の例

1982年5月9日生まれの人を
例に計算してみましょう。

STEP 1
年、月、日の数字を
バラバラにして、足し算する
年: 1+9+8+2=20
月: 5
日: 9

STEP 2
年、月、日の足し算の結果を足す。
2+0+5+9=34

STEP 3
さらに分解して足す。
3+4=7
運命数は「7」です。
※これを一気に足し算しても
計算結果は同じですので、
それでも構いません。

STEP 1・2
1+9+8+2+5+9=34

STEP 3
3+4=7
運命数は「7」

次は、計算の途中で、
「11」、「22」、「33」
が出てくる、別の例を
見てみましょう。

1982年5月13日生まれの人を
例にしてみます。

STEP 1
年、月、日の数字を
バラバラにして、足し算する。
年: 1+9+8+2=20
月: 5=5
日: 1+3=4

STEP 2
年、月、日の足し算の結果を足す。
2+0+5+4=29

STEP 3
さらに分解して足す。
2+9=11
ここで、ゾロ目が出てきました。
さらに一桁になるまで
「1+1」と計算をすることはなく、
この二桁で終了です。

運命数は「11」です。
ゾロ目を持つ人の場合、
「1+1」をした「2」の特徴も
併せ持っています。

計算するときのポイントまとめ

・数秘術では、生年月日を使う
・数秘術では、1〜9の数字が基本
・ゾロ目が出たら、計算を止める

数秘術の計算方法は簡単だと
いうことがわかっていただけましたか?
慣れてくると、他の人の生年月日を
計算するときも、間違わずに
すぐに計算ができるようになります。
次回は、運命数の結果を
ご紹介していきたいと思います。

 

 

 

Sponsored Link



この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる