MENU

疲れたなぁーと思うときにおすすめの食事

元気になれる食べ物

落ち込んだとき、やる気が出ないときは
何を食べて回復していますか?
今回は、元気が出る食べ物や、食事で
元気になれる考え方を共有したいと思います。

 

Sponsored Link



目次

︎元気が出る食べ物

疲れを感じたときに、おすすめの食べ物を
厳選してご紹介します。

豚肉: 豚肉には、疲労に効果のある
ビタミンB1が含まれています。

レバー:レバーには、ビタミンA、ヘム鉄、
葉酸が含まれています。

ただ、匂いが苦手で食べられない人は、
癖が少ない鳥レバーを選んだり、
味付けを濃くしたり、他の食材と
混ぜることで食べやすくなります。

トマト:トマトに含まれる
リコピンには抗酸化作用が高く、
生活習慣病の抑制や疲労回復に
効果があります。
西洋には、
「トマトが赤くなると医者の顔が青くなる」
ということわざがあるように、栄養豊富な食べ物です。

ニンニク:アリシンという香りの
強い野菜に含まれている成分は、
疲労回復、殺菌効果、血行を
促進するなどの効果があります。

チョコレート:少量のチョコレートでも
血糖値があがり、セロトニンという
幸せホルモンが分泌されます。

◼︎今食べたいものを食べる

とはいえ、落ち込みが続いていたり、
気分が晴れないときは、
「今食べたいもの」
選んで食べるのが一番です。
たまには、カロリーやお金を気にせず、
見た目が綺麗な料理や、
スパイスの効いた料理を
食べるのも良いものです。

◼︎メキシコ料理で元気になる

ということで、個人的には、
メキシコ料理を食べると
元気になれます。
店内はラテンの陽気な音楽が
かかり、虹色の飾り付け、
食事や飲み物はカラフル。
メキシコ料理といえば、
女性に人気のアボカドを使った、
ディップやサラダなど数々の
レシピがあります。
アボカドには約20種類の
ビタミンやミネラルが入っており、
栄養豊富でかつヘルシーな食材です。
メキシコ料理にもよく出てくる、
お肉を食べることも
落ち込んだときには、効果的です。
お肉の中には、セロトニンを増やす
「たんぱく質、ビタミンB群、鉄分」などが
入っています。
消化のために、野菜も一緒に摂りましょう。

◼︎一人のときも、プチ贅沢

誰かと食事をするときは、
比較的お金を気にしないけど、
一人のときは質素に
ということはありませんか。
忙しく、なかなか友達との
予定が合わないとき、同じような食事が続くと
気分があがりませんよね。
たまには、一人であっても
自分にご褒美だと思って、
プチ贅沢をしてみてはどうでしょうか?
「自分で自分をケアできた」と、
セルフエスティーム(自分を愛する気持ち)
が高まり、元気になれます。

 

Sponsored Link



自分の気持ちと向き合って食べたいものを食べよう

「自分が今、食べたいものを食べる」ことは、
無意識ではできないことなので、
少し立ち止まって自分に聞いてみる
必要があります。
食事ひとつとっても、自分の心の声を
聞く練習になると思います。

 

Sponsored Link



 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる