MENU

肌の大敵!紫外線について知って、効果的に紫外線対策をしよう

2021 6/17
肌の大敵!紫外線について知って、効果的に紫外線対策をしよう

紫外線は見えない恐怖!!効果的に紫外線対策をしよう

紫外線には2種類あることをご存知ですか。
紫外線は夏だけではなく年中気になるものなので、
紫外線の基本情報をおさらいしておきましょう。
また日焼け止めのパッケージで
見かけるSPF値PA値について
理解すれば、日焼け止めをちゃんと
選べるようになります。

 

 

 

Sponsored Link



目次

紫外線には2種類ある

太陽光線には、
紫外線
可視光線
赤外線
といった種類があります。
肌に影響のある紫外線は2種類あり、
UV-A波とUV-B波といいます。
また紫外線にはUV-C波もありますが、
オゾン層によって守られているので、
地表には届きません。

A波

A波は、しわ、たるみといった
肌にくっきり現れる悩みの原因になるものです。
A波は肌の表皮よりも深く突き進み、
肌の奥の真皮まで届きます。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸という
肌のハリを生む線維(糸状になったもの)が
ダメージを受けるので、肌の老化が進みます。
赤みや炎症を起こしにくいので、
気づかないことも多いかもしれません。
雲や窓ガラスに遮られることなく通過する
ので、「まだ真夏ではないから」とか
「室内にいるから」といって紫外線対策を怠ると、
A波を浴びていることになります。

B波

B波は、シミやソバカスの原因になります。
また、皮膚ガン、白内障の原因にもなるので、有毒性
指摘されています。
リゾート地での真っ赤な日焼けのように、
表皮に炎症を起こし、肌が赤く水ぶくれになるのは、
B波が影響しています。
このように屋外での日焼けは、B波が
主な原因になっています。

 

 

 

Sponsored Link



日焼け止めに書かれているSPF値とPA値についてきちんと理解

日焼け止めを買うときに
いつも悩んでいませんか?
SPF値とPA値について見てみましょう。

・SPF値
シミやソバカスの原因になるB波を
防ぐ効果を表す値です。
「50+」のように数値が大きいほど、
効果が強力になります。
必要な量が塗れていなかったり、
塗りムラがあると効果を得られないので、
注意してください。

・PA値

肌の奥の真皮に届くA波を防ぐ
効果を表す値です。
「+」の数で表されていて、数が多いほど
効果があります。
日焼け止めを買うときにSPF値だけを
重視している女性が多いので、
肌の老化を防ぐPA値に関心を持つことも必要です。

日焼け止めは、目的に合ったものを

効果があるといって、強めの日焼け止めを
使っていると肌への負担も大きくなるので、
目的によって使い分けるのがベストです。
こちらがSPF値とPA値の目安です。
日常生活: SPF値 15程度  PA値 + 〜 ++
屋外での短時間のスポーツ: SPF値 30程度  PA値 +++
炎天下でのレジャー: SPF値 50+  PA値 ++++

紫外線は年中降り注ぐ

A波は4月〜8月に紫外線量が多くなるものの
1年を通して注意が必要です。
B波は1年の差が大きく5月〜8月にピークを迎えます。
冬の間は、比較的紫外線量は少なくなります。

紫外線の怖さについてご理解いただけたでしょうか?

人は、肌や髪の状態、身体の引き締まり、
声といった外見で、年齢を判断し、
これを「見た目年齢」と呼んでいます。

このうち肌の状態が大きく影響を及ぼしています。
5年後、10年後の自分の肌にダメージが
出てこないように、紫外線対策を十分行いましょう。

 

 

 

Sponsored Link



 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる