MENU

スキマ時間でストレス発散!!仏像なぞり描きでストレス解消

2021 6/16
スキマ時間でストレス発散!!仏像なぞり描きでストレス解消

仏像なぞり描きでストレス解消しよう

今回は、仏像の絵を写し取る
「仏像なぞり描き」をご紹介します。
仏像が好きな人も、そうでない人も、
簡単に始められ、無心でなぞることで
ストレスが解消します。

 

 

 

Sponsored Link



目次

仏像なぞりは写仏から生まれた

忙しい現代社会の中にいると、
頭の中ではいつも情報が駆け巡って、
「あれをしないと」などと頭の中で
ひとりごとを言っています。
そんな頭をいったん整理する、
静かな時間をつくってくれるのが、
仏像なぞり描きです。
嫌なことがあっても、仏像なぞり描きを
していると、次第に心が落ち着いてきます。
仏像なぞり描きは、もともとあった
仏教の写仏から生まれました。


◼︎写仏(しゃぶつ)とは

写経のように、写仏はお寺で体験できるもので、
仏像の絵に薄紙を乗せてお手本を写し取ります。
経典を分かりやすく伝えるために生まれました。
心静かに仏像と向かい合い、自分自信を見つめる
仏道修行の一つです。
今、一般的に書店で見られる
「仏像なぞり描き」の本は、下絵が薄い
グレーで印刷されたものですので、
ペンで直接なぞることができます。

仏像の下絵は、難易度が高くなりすぎない
ように、少し省略された線で描かれています。
また、仏像に親しみをもってもらおうと、
イラストレーターが考えて下絵を描いているので、
少し可愛らしい絵柄のものもあります。

 

◼︎仏像なぞり描きのやり方

書店の芸術関連、塗り絵コーナーと同じ場所に、
「仏像なぞり描き」の本が並んでいます。
自分にできそう難易度のものかどうか確認して下さい。
簡単なものは、絵が大きく、少ない線で
描かれています。
本を手に入れたら、次は、ペンです。
水性ペン、筆ペン、鉛筆など好きな筆記用具を
選んで下さい。
色も黒だけでなく、青や金も合います。
私は、筆ペンは強弱の扱いが難しかったので、
水性ペンの黒色で描いています。

本とペンがそろったら、20〜30分ほど
時間をとって、好きな仏像からなぞり
始めてください。
時間がないときや、途中で疲れてきたら、
完成せずに終えても問題ありません。


◼︎大人の塗り絵との違い

大人の塗り絵も人気でいろんな種類の本が
売られています。
仏像なぞり描きと塗り絵との違いを挙げます。

・塗り絵は完成までに時間がかかる

塗り絵は、20分くらいでは
完成しないものが多いですが、
仏像なぞり描きは、一度に完成するので
達成感があります。


・塗り絵は色鉛筆がいる

塗り絵は色鉛筆の色の種類が多ければ
多いほど、絵に深みが出て楽しいものですが、
仏像なぞり描きは、ペン1本でできるので簡単ですね。
色を選ぶ必要がないので、より無心に
なってなぞることができます。


・仏像なぞり描きは、線を自分で描く

下絵が薄いグレーで描かれているのですが、
そこに黒い線を自分で引くと、はっきりと絵が
浮かび上がったようになります。
まるで、自分で仏像を描いたように感じるので、
「こんなに絵が上手かったっけ」と錯覚して
嬉しくなります。

 

Sponsored Link



 

まずは書店で仏像なぞり描きぼ本を探してみては

大人の塗り絵も良いですが、
もっとシンプルな仏像なぞり描きは
いかがでしたか?
ハマれば、仕事で疲れて帰ってきたら、
「早く仏像なぞり描きがしたい」
と思うようになります。
ぜひ、そのリフレッシュ効果を試してみて下さい。

 

 

 

 

Sponsored Link



 

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる